痔の症状 治療方法と手術
痔の症状別に見る、その治療方法と対処法!

痔の基礎知識

は早期発見、早期治療が大切です。

男女に共通してよくある病気の一つで、日本人の約3分の1がを患っているといわれています。

痔の症状は、 「痔核」  「裂肛」  「痔瘻」  の3種類に大別できます。

最も多いのが肛門や肛門の付近にイボ状の物ができる痔核で、これは一般的に「いぼ痔」と呼ばれています。

痔核は高年齢になると発症することが多いですが、あらゆる年齢層で起こりうる病気です。

初期段階ではあまり痛みは感じられませんが、ほうっておくと症状が悪化して外科治療が必要になる場合もあります。

には様々な症状や種類があり、肛門のどの位置にできたか、どのようにできたかなどによって、それぞれに敵した個々の治療法で対処します。

肛門に痛みや違和戚を覚えたら、迷わず専門医を受診しましょう。

これらの痔の症状があっても、痛みやかゆみが軽度のものであったり、症状が断片的にしか出ない場合などの場合は、どうしても専門医に相談することなく、ごまかしごまかし我慢をしてしまっている人が多いのが現状です。

痔の症状が自覚できた段階で、早めに専門医で受診することが大事です。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。