痔の症状 治療方法と手術
痔の症状別に見る、その治療方法と対処法!

痔核(いぼ痔)

痔核とは、いわゆるイボ痔のことです。

痔核は肛門の周囲でクッションの役割をしている細かい血管が肛門内や肛門にイボ状に盛り上がってできるものです。

痔核は、肛門のどの場所にできたかによって、内痔核と外痔核の2種類に大別できます。

内痔核は、直腸内の血管(クッション部分)がうっ血してイボ状になった状態です。
ほとんど痛みは無いが、排便時などに出血することがあります。
これはクッション部分の薄い粘膜の中にある毛細血管が、排便時などに損傷を受けるためです。

内痔核は、便秘などで肛門への負担が続くと、伸びて肛門の外に出ることがあります。
これを「脱肛」と呼びます。


外痔核は、肛門周囲の血管(クッション)が固まって、硬いイボ状になった状態をいいます。
血栓ができると、肛門のあたりに痛みを伴うイボがあるのを感じ取れます。

痒みや痛みが伴い、裂けて出血することがあり、排便時にトイレットペーパーや便器に鮮血が見られることもあります。

いぼ痔の治し方・治療方法
 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。