痔の症状 治療方法と手術
痔の症状別に見る、その治療方法と対処法!

痔瘻(痔ろう)

痔ろうとは、肛門腺が感染を起こして膿がたまり、その結果肛門周囲の皮膚に穴が開いて膿が出るようになる症状をいいます。

「あな痔」ともいわれます。

肛門の周りには、肛門腺窩(こうもんせんか)という小さなくぼみがあります。

ここに便が付着して炎症を起こしたり化膿したりすることで、痔ろうが発生します。

痔ろうは、体力の低下で抵抗力が弱まっていたり、下痢をして便が肛門腺窩に入りやすい状態が続くと発生しやすくなります。

痔核、裂肛、痔ろうの3大症状の中で、痔ろうが最も治療が難しいとされています。

痔核や裂肛のように、市販の軟膏などで治癒するのは困難で、手術が必要になるケースが多いとされています。

手術を経験した人の、述語のケアは様々です。
痔ろうは、人の体質や体系によって、その症状が様々であるがために、手術の経験が少ない医師の施術では完治しないこともあります。

痔ろうの手術後に、いつまでもオムツやナプキンをあてていないと、生活に支障をきたすケースもあり、専門医選びが重要となります。

痔ろうの手術を受ける際には、最低でも二箇所以上の専門医で診断を受けてから手術を受ける医院やクリニックを選ぶことが賢明と言えます。

痔瘻(痔ろう)の治し方・治療方法
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。