痔の症状 治療方法と手術
痔の症状別に見る、その治療方法と対処法!

痔の予防方法

は一種の生活習慣病です。
は便秘や下痢などと深い関係を持っており、便秘と下痢をしないようにすることが最大の予防方法です。

を予防するには、排便を正常に保つ食事や生活習慣が大切になります。
食物繊維が豊富な食品を多く取り適度な運動をして、快便を維持できるようにいつも心掛けておきましょう。

また、の発生はストレスや肉体疲労による免疫力低下、肛門の不潔な状態、体の冷えなどが原因します。
こうしたことも、日頃の心がけ次第で改善可能なものです。

規則正しい食事と、排便を行なうということはの予防に役立ちます。
大切なのは、自然な便意に従って排便を行なうということで、決まった時間や条件で排便ができる生活習慣を保つことです。

一般に、排便に時間をかけることは、肛門に余分な圧力が加わることになり、これが痔の原因となることがあります。

トイレの中で新聞や本を読みながら長時間を過ごすのは、痔を予防する上で危険な習慣です。
トイレは早めに済ませる癖をつける事が大切です。

食事は、ヨーグルト、牛乳、バナナ、海藻類、コンニャク、卯の花、新鮮な果物、葉物野菜、イモ類、キノコ類、豆腐、そば、などで摂取する食物繊維を増やすようにしましょう。

水分を適量に保つために、1日に1.5リットルほどの水分を補給しましょう。

便秘や下痢の原因になりやすいので、刺激の有る食品、香辛料やアルコールは極力控えましょう。

毎日入浴することで、肛門を清潔にしておくことも必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。