痔の症状 治療方法と手術
痔の症状別に見る、その治療方法と対処法!

肛門からの出血

肛門から出血する原因としては、切れ痔以外に大腸内ポリープも考えられます。

大腸ポリープとは、大腸の粘膜の一部がいぼ状に盛り上がったものです。腸内ポリープは、痔の症状と勘違いをしてほっておくと、癌に発展する可能性もあり注意が必要です。

ポリープは小さいものであれば無症状のものがほとんどですが、ポリープが大きくなると血便が出るようになります。

切れ痔は肛門が裂けて出血しますが、大腸内に異常がある場合は、便に鮮血が付着します。また腸内の出血が多いときは、排便時に便器内が鮮血で真っ赤になることもあります。

判りにくいケースでは、便の中に古い血が混ざって肉眼では気付かない場合がありますが、便潜血(べんせんけつ)テストで判定が可能です。

肛門から出血がある場合には、できるだけ早く消化器内科を受診し、大腸内視鏡検査などを受けましょう。
最近では、大腸内視鏡検査によるポリープ発見時の切除も可能で、軽度の場合は入院も必要なくなりました。

普段の生活では、高脂肪食を避け繊維質を多くとって便通を整え、適度な運動を心がけることが大切です。

裂肛(切れ痔)
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。