痔の症状 治療方法と手術
痔の症状別に見る、その治療方法と対処法!

裂肛(切れ痔)の治し方・治療方法

切れ痔の治し方や治療法を知るためには、まずその原因をさぐることが必用です。切れ痔の原因となる便秘、下痢、食生活、排便の習慣などを見直してみましょう。

◆便秘を解消する
切れ痔を治すには、排便時に慌てていきむことなく自然に便を出すようにしましょう。便秘をしていると、硬くて大きな便が肛門の粘膜を傷つけたり、肛門に亀裂をつくって切れ痔になります。
便秘が原因で切れ痔になっている場合は、便秘を改善、解消することが必用です。適度な運動、食物繊維の摂取、水分補給を欠かさないなど、便秘解消法を行うことです。
下剤を使用する場合は、過度の下痢にならないように注意しましょう。下痢も切れ痔の原因となります。

◆下痢を治す
下痢が原因の切れ痔を治すには、下痢の原因となっていることを解消する必要があります。ストレス、冷たいものの食べ過ぎなど、原因は様々です。
下痢の原因が見当たらない場合は、早めに内科で診察を受けて、原因を突き止めることで解消しましょう。


◆生活習慣の改善
・座ること
椅子などに同じ姿勢で座り続けると、肛門付近のうっ血がひどくなり痔の原因となります。長時間にわたって座り座り続けたときは、立ち上がって軽いストレッチなどをすることで血行を良くしましょう。

・身体を冷やすこと
痔を治すには、特に下半身を冷やさないようにします。冷え性の人は肛門付近のうっ血が原因で痔になりやすい傾向があるといわれています。
入浴で身体を温める、服装に気をつけるなどで冷え性対策をしましょう。

・食事の注意
痔を治すには、辛いものなどの刺激物を摂らないようにします。
タバコやアルコール、香辛料、コーヒーなどは肛門を刺激します。

◆塗り薬・軟膏を使用
切れ痔を治すには、以上のような原因を取り除くと同時に塗り薬を使用して治療します。塗り薬は薬局で買えるものでもかまいませんが、より安心なのは、痔の専門医の診断を受けて処方された治療薬を塗ることです。


切れ痔の治療は、早めに専門医による適切な治療を続ければ完治しますが、慢性化すると痔の治療が長びいたり手術が必要になることもあります。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。