痔の症状 治療方法と手術
痔の症状別に見る、その治療方法と対処法!

痔瘻(痔ろう)の治し方・治療方法

痔ろう(穴痔)の治療方法
痔ろうは、肛門腺が感染を起こして膿がたまり、その結果肛門周囲の皮膚に穴が開いて膿が出るようになる症状をいいます。

痔ろうは、薬では治すことができません。肛門科などの専門医から痔ろうと診断された場合には、早めの手術による治療が必要です。


痔ろうの手術方法
◆切開開放術
時ろうの手術での切開開放術は、膿の通り道(穴痔)に沿って出口から入り口までを切開し、縫い合わせずにそのまま開放する手術方法です。
膿の通り道の位置が浅かったり、単純な痔ろうの場合にこの切開開放術が行われています。

◆括約筋温存術
膿の通り道(穴痔)の位置が深かったり、複雑な通り道だった場合、切開開放術では「肛門括約筋」を傷付けてしまう可能性があります。膿の通り道が深い場合には「括約筋温存術」と呼ばれる手術が行われます。
括約筋温存術は肛門括約筋の施術を行わず、膿が出る管の出入口部分のみを取り除いて、入口を縫い合わせる手術法です。

痔ろうの手術を受けて、術後に思わしくない症状に悩まされている人が多くいます。ナプキンやオムツが外せないというものから、痛みを伴うものなど様々です。

痔ろう治療の為の手術は、経験不足や技量不足の医師が行った場合に、手術によって肛門括約筋が傷つき、肛門が変形したり、しまりが悪くなるなどの例があります。

便がもれやすい、再発したなどのトラブルも報告されています。
痔ろうの治療で手術を受けるときは、経験豊富な医師、安心できる肛門科を探すことが大切です。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。